それは久しぶりの友人との再会から始まりました。
まさか彼がセックスを楽しむようになっているとは、夢にも思っていなかったので大変驚いてしまいました。
大学の頃の友人とは連絡こそ取り合っていたものの、お互いに仕事を持つようになったために会うことはほとんどありませんでした。
なんと言っても仕事が忙しい、お互いにしゃかりきに働いていたために交流がなかなかできない状態でした。
連休を良い機会に、久しぶりに会って酒でも楽しむかという話に向かっていったんです。
そこで、懐かしい話や近況報告などをすることになって大いに盛り上がっていきました。
彼もかなり仕事に忙殺されているらしく、参ったと苦笑いを浮かべていました。
お互いに仕事も順調だったこともあって、それぞれの道を順調に進んでいるという感じがしました。
ただ、恋人がなかなかできないのが自分にとって悩みの種で、この話を向けた時の事だったんです。
「俺も恋人はいないけど、セックスは楽しんでいるよ」
こんな事を言い出したのです。
仕事を始めて潤沢な資金を得られたために、ソープ通いでもしているんじゃないかって思ったんです。
ところが相手は玄人ではなく素人だと言い出したのでした。
彼は昔から女性にモテたことはなく、恋人すら作ったことがないのに素人と一発決めまくっている、自分自身は最近全くセックスができていなかったから大きな衝撃になりました。
彼の話では出会い系アプリを利用すると言うのです。
複数の出会い系アプリを使うことによって、定期的な関係を楽しむことができるようになったとにこやかに話してきたのでした。

自分よりモテたことのない男が、セックスを楽しめているんだから自分にも何とかなりそうな予感があって、彼に詳しい話を聞いていく事にしたのです。
何でも優良出会い系サイトの出会い系アプリを使うことで、誰でもチャンスは訪れると言うものでした。
彼に作ることができるのだから、自分にもセフレを確実に作れると思って使って行こうという気持ちになりました。
新しい出会いが全くなかったこともあり、性欲の方は溜まりまくってしまっています。
オナニーは飽きてしまいましたから、自分も生の女体を使って激しい性処理を行いたいという気持ちを強烈なものにしてしまいました。

 

 あれだけモテることのなかった男が社会人になってからセックスを楽しみまくっている、これは由々しき問題に感じてしまったかもしれません。
こっちはなかなか出会いもなくオナニーに頼ってばかりだったのに、いつの間にか立場が逆転してしまったような感じがしました。
彼の言う出会い系アプリを使って行けば、自分も久しぶりの女性の肉体で性処理が楽しめるかもって感じがしちゃって、とにかく根掘り葉掘り話を聞いてみたのです。

 

 

名前:多賀谷 修也
性別:男性
年齢:25歳
プロフィール:
 驚きの自体というものは、突然やってくるものです。
大学時代の友人と久しぶりの再会をしたのですが、何とモテたことのない彼にセフレは3人もいると言うのです。
自分よりもはるかに劣る男にセフレとは聞き捨てなりませんでした。
作り方を知れば、自分にも好機到来に違いないって思えたんです。